ストレートパーマをあてたらやって欲しい事!!その②

どうも
ヘアケアマイスターのケンゴです!
 
 
 
前回に続き
ストレートパーマのお手入れ方法をお伝えします!
 
 
 
前回のおさらい
①施術後24時間はシャンプーは避ける。
②施術後24時間は、くくる・結ぶ・ピンで止める・耳にかけるを長時間しない
③ドライヤーで乾かす

 
 

ストレートパーマをあてたらやって欲しい事!! その①


 
 
この3つをお伝えしました。
 
 
 
これだけは最低限やって欲しいっていう基本中の基本。
 
 
 
ここからは、できる人は是非やってほしい上級編です。
 
 
 

①シャンプーの種類


 
シャンプーの種類にも気をつけてもらえるとストレートの持ちが断然違います。
 
 
 
というのも
 
 
 
くせ毛だった髪を無理やりまっすぐにしているので、いくら注意して施術してもノーダメージとはいかないです!
 
 
 
薬剤を髪の内部まで浸透させて、鎖を切ったりつなげたりをしますし
アイロンなどの熱処理でキューティクルも硬くなっていきます。
 
 
 
お肉の表面が焦げて硬くなるのといっしょ。
乾燥しやすくパサパサしがち。
 
 
 
そこに洗浄力の強い安価なシャンプーを使うと
より一層乾燥してゴワついたり、枝毛切れ毛ができたり
 
 
 
せっかくのストレートが台無し。
 
 
 
そうならないために、洗浄力のマイルドな弱酸性のアミノ酸系シャンプーなどをオススメします。
 
 
 
特に注意して見てほしいのが、界面活性剤の種類。
 
 
 
ラウリル硫酸〜とかラウレス硫酸〜
って書かれているシャンプーは要注意!
 
 
 
泡立ちがすごく良くて、”どんな汚れてる人でもしっかり洗えるように”できています。
 
 
 
つまり脱脂力が強くて、洗えすぎてしまう。
 
 
 
髪や頭皮への刺激も一番強い。
 
 
 
いくら弱酸性と書いてある商品だとしても、この手のシャンプーは避けてほしいところです。
 
 
 
オススメなのは
〜グルタミン酸na
〜タウリン
ココイル加水分解コラーゲンna
〜ベタイン
〜アラニン
ココアンホ酢酸na
 
 
 
って書いてあるシャンプー!
 
 

 
 
 
単独で使われることはなく、上記のような基剤を組み合わせて足りない部分を補うように作られています。
 
 
 
クオリティの高いサロン専売品のシャンプーによく登場します。
カラーやパーマなどをする事を前提に作られているので
 
 
 
髪のpHがアルカリに傾いてたとしても
弱酸性に戻す力があります。
 
 
 
市販品も弱酸性と謳っているものは多いですが、サロン専売品には敵いません。
 
 
 
ハッキリ言って、ストレートの持ちはシャンプー・トリートメントの良し悪しで決まります。
 
 
 
ごわつく・まとまらない・パサつく・頭皮がかゆい・フケがでる
 
 
 
ストレートパーマをしていなくても
これらの症状でお悩みでしたら
シャンプー・トリートメントを見直すことをオススメします。
 
 
 

②洗い流さないトリートメント


 
本来なら上記のシャンプートリートメントで完結するのが理想ですが
 
 
 
それだけでは追いつかない場合も多いです。
 
 
 
そこで洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)。
 
 

 
 
 
紫外線やドライヤーの熱、摩擦などから守る役目もしてくれて
内部成分の流出を防いだり、補ったりしてくれるので
 
 
 
忘れずにつけてほしい!
 
 
 
髪質によっていろんなタイプがあるので
担当美容師さんに相談することをオススメします。
 
 
 

③ドライヤーの乾かし方


 
ストパー後はデリケートで髪が濡れたままだと傷みやすくなります。
ですので、出来るだけ早く乾かしてほしいのですが
 
 
 
テキトーに乾かすとバサバサのパサパサになってしまいます。
 
 
 
手順:
1)襟足の根元から乾かす。
2)サイドもトップも前に向かって根元から乾かす。
3)前髪は左右交互に乾かす。
4)根元が乾いたらキューティクルを寝かすようなイメージで、中間毛先を上から下へ乾かす。

 
 
 
文字だけでは伝わらないかもしれませんが
ドライヤーの口が下から上に向かないようにして下さい。
 
 
 
下向き、もしくは斜め下に向くように意識してみて下さい。
 
 
 
そうするとドライヤーだけでトップに自然なボリュームがでて、美容室で乾かしたような仕上がりになります!
 
 
 
以上が「ストレートパーマをあてたらしてほしいこと その②」でした!
 
 
 
今回の内容は、ストレートをしていなくてもしてほしい事でもあるので全ての方に是非やってほしいです!!!
 
 
 
それではまた
ケンゴでした(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です